print

頒布しきるところから

同人誌の部数は、イベントの規模や委託通販なども検討して決めます。ファンの多さを客観的に見る必要もあります。初めて参加の場合は20部程度からにし、状況を見て次イベントで増やすなどすると無駄が出ません。何度か参加して、経験を重ねるのが部数決めのコツです。

詳しく見る

ニュース一覧

色見本

会員カードを作るメリット

メンバーカードを作ってさまざまなサービスを提供することで、お客の数や売り上げの増加が期待できます。メンバーカードは自分で印刷することも可能ですが、大量のメンバーカードをきれいに印刷するなら、業者に依頼する方法がおすすめです。

詳しく見る

印刷物

様々な場面を想定して

decalsを自分好みにcustomするメリットはとても大きくて、ビジネス目的にdecalsを活用することは多いです。decalsを作成する時は設置場所を考えることが大切で、屋内屋外両方の対応できるタイプの人気は高いです。

詳しく見る

冊子

印刷物と必要枚数

同人誌などを専門業者に依頼する際は、部数やページ数を含めて、まずは業者に率直に相談する事が肝心です。そうすれば最も効率よく作ることが出来、その結果、コストを削減する事も可能になるのです。もし可能なら、製本作業も自分で行えば更に安上がりになります。

詳しく見る

印刷機

リピーター獲得におすすめ

メンバーカードの導入により会員特典や特別なサービスを用意することで、リピート客の獲得や収益アップに繋げられるので人気を高めています。カラーやデザインなどお店のイメージに合った印刷ができるので、気軽に相談してみましょう。

詳しく見る

活用方法は人それぞれ

CMYK

素材選びが大事

customdecals専用のサイトを利用する事で簡単に欲しい物を得る事ができます。customdecals専用のサイトには作り方が主に二通りあります。一つはオリジナルのデザインをすでに自分で作っている場合です。この場合はデータをサイトに転送して後は細かいシールの素材やロット数等細かい部分を決めるだけなのでとても簡単にcustomdecalsを得られます。活用方法は人それぞれです。自分用に使う人はもちろん、同人イベントや会社で使用する場合もあります。もう一つはサイトオリジナルデザインのテンプレートから作る方法です。そのサイトによってデザインが全く違うので、好きなデザインがあるサイトを選びましょう。文字は自分で選択できるので、デザインが全くできないという人でもオリジナルのdecalsを作れるのが魅力です。customdecalsを作る時に大切なのが素材選びです。素材によって触り心地や見た目が変わるので慎重に選びましょう。一番安く、そして使いやすいのが上質紙を使ったものです。上に文字を書き足す事ができるのが特徴なので汎用性が非常に高いのが魅力です。また、値段もサイトの中で一番安い事が多く、色々な場所で作られています。イベント用のdecalsを作りたい時にも便利です。高級感を出したい時によく利用されるのがミラーコートタイプです。光沢感が強いのが特徴で特別感を演出できます。他にも和紙やホログラムを使用した物等様々なタイプから選べます。

Copyright© 2018 custom decalsの作り方【好きなデザインがあるか確認】 All Rights Reserved.